-ABOUT US-

ごあいさつ

「ライティングオブジェ」は、「地球環境と子どもたちの未来に向けた平和」のメッセージを発信する光のアートチャリティー展です。2006年に空間演出デザイナーの仁木洋子が呼びかけ、アーティスト11名でスタートしました。
2011年から「東日本大震災復興支援」の呼びかけを行ない、2016年からは、「熊本地震復興支援」もあわせて、被災した地域とほかの場所にいる人たちの距離が近く感じられ、心と心がつながるよう支援活動を継続しています。
現在は160人を越すアーティストや著名人が参加し、自ら企画運営し活動を続け、巡回展示や各種イベントも行っています。
本展はチャリティーとして開催し、作品の売上や募金の浄財は各種団体にご寄付をしています。

ライティングオブジェ制作委員会 代表

仁木洋子 Yoko Luna Niki 空間演出プロデューサー

熊本市生まれ。多摩美術大学卒業。世界各国でのモーターショーブースデザインや人に夢と感動を与えるさまざまな空間の演出、プロデュースを行なう。地球環境・資源保護に配慮したその仕事は、欧州でも評価され国内外で活躍。2006年から東京 丸の内でアートチャリティー「ライティングオブジェ」展を主催。11年からは横浜や福島で、16年からは熊本でも同展の巡回展を開催し、復興支援の継続を呼びかけている。明治神宮での「明治天皇百年祭~心のあかり」でディスプレイ産業優秀賞、世界文化遺産「三角西港築港130周年景観演出」で日本空間デザイン賞など多数受賞。

チャリティーのご報告

ライティングオブジェの開催趣旨にご賛同くださった多くの皆様のご支援・ご協力に、心より感謝いたします。作品オークションとグッズ売上の全額および募金などの浄財は、東日本大震災と熊本地震の復興支援、地球環境や子供たちの未来のために各団体へご寄附をし、目に見える実際の活動に役立てていただいています。

ライティングオブジェ 2006~2018

チャリティーオークションとグッズの販売金額

16,750,000円

募金箱への募金の総額

2,790,576円

総額

19,770,876円

ライティングオブジェ 2018

チャリティーオークションとグッズの販売金額

639,912円

募金箱への募金の総額

512,035円

総額

1,151,947円

◎これまでの寄付先

特定非営利活動法人
HANDS

特定非営利活動法人
ボルネオ保全
トラストジャパン

特定非営利活動法人
福島ライフエイド

沖縄・球美の里

一般財団法人
福島民報
教育福祉事業団

熊本県

熊本市/熊本城

山都町/通潤橋

宇城市/世界文化遺産
三角西港

特定非営利活動法人
国際難民支援団体
RIJ

ライティングオブジェ 受賞歴


「空間デザイン協会特別賞 復興支援賞」受賞 [詳細はこちら]
主催:(一社)日本空間デザイン協会/後援:日本経済新聞社

「ディスプレイデザイン奨励賞」受賞
主催:(社)日本ディスプレイデザイン協会/後援:朝日新聞社

「ディスプレイ産業奨励賞・日本ディスプレイ業団体連合会賞」受賞
主催:(社)日本ディスプレイ業団体連合会/ 後援:経済産業省・日本経済新聞社

「Best Store of the Year 優秀賞」受賞
主催:(財)店舗システム協会/後援:日本商工会議所・日本小売業協会

「屋外広告コンクール 東京商工会議所会頭賞」受賞
主催:(社)東京屋外広告協会/後援:東京商工会議所会

Copyright © 2006-2019 LIGHTING OBJET All Rights Reserved.