「ライティング・オブジェ」2015

参加アーティスト

各界で活躍する参加アーティスト


アーティスト・ミュージシャン

1959年生まれ。85年デビュー。楽曲の作詞・作曲、ステージセット、コスチュームなど総合的にプロデュースし、多くのヒット曲をリリース。映画監督として94年「河童」、96年「ACRI」公開。97年米米CLUB解散後(06年再始動)、ソロ活動開始。05年「愛・地球博」レギュラープログラム総合プロデューサー。02年から愛と平和を願うアート・インスタレーション「GROUND ANGEL」を横浜、広島、東京で開催し、のべ100万人以上を動員、11年からは東日本大震災の復興支援を軸に活動中。08年「顔魂~KAODAMA~」展を開催し、イタリアやNYでも高評価を得る。

homepageリンク
奈良・薬師寺 執事

1963年東京都江東区にある浄土宗の重願寺(じゅうがんじ)住職の大谷旭雄の二男として生まれる。芝学園高等学校在学中17歳で、故・高田好胤薬師寺住職に師事し、薬師寺の僧侶となる。龍谷大学文学部仏教学科卒業、同大学院修士課程修了。99年春から全国各地で「心を耕そう」をスローガンに法話行脚を行う。03年から薬師寺執事。今、本当に心を学ぶことが必要となっており、その思いを持つ人々をつなぎ合わせ、より良い精神社会の構築を目指し、全国どこへでも出向いて法話を行っている。

homepageリンク
アートディレクター

1931年東京生まれ。東京教育大学卒業。味の素を経て、勝井デザイン事務所代表。武蔵野美術大学名誉教授、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)理事、日本展示学会理事。名古屋学芸大学デザイン学科特別顧問。国際花と緑の博覧会 Expo'90や文部科学省シンボルマークなど、テクノロジーを使った表現を活かし、情報をグラフィックデザインに成立させる領域に関わる。主な受賞に、ニューヨークADCグランプリ、東京ADC原弘賞、日宣美賞、毎日産業デザイン賞、講談社出版文化賞、通産省デザイン功労者賞、勝見勝賞、紫綬褒章など多数。

homepageリンク
クリエイティブディレクター

1953年名古屋市生まれ。79年、愛知県立芸術大学デザイン専攻卒業。サントリー入社後、デザイン部長を経て現在シニアスペシャリスト飲料事業のディレクターとして、鉄骨飲料、BOSS、サントリー天然水、C・Cレモン、デカビタC、DAKARA、なっちゃん、丸茶、伊右衛門、ペプシネックス、金麦、のんある気分などのブランド開発を行う。12年ペントアワード名誉賞ほか多数受賞。著書「なっちゃんの秘密 商品デザインは人間を見つめることから始まる。」「デザインのココロ」ほか。愛知県立芸術大学、東京藝術大学、多摩美術大学などで非常勤講師。日本パッケージデザイン協会理事長。

homepageリンク
アートディレクター

1947年福岡生まれ。東京芸術大学卒業。74年日本ベリエールアートセンター設立。東京藝術大学教授。74〜82年営団地下鉄マナーポスター、マリリン・モンローの「帰らざる傘」で一躍有名となる。83年〜現在、焼酎「いいちこ」の商品企画、パッケージ、CM、ポスターなどを企画制作し、売上げを150倍の商品に育て上げる。地域振興計画、環境デザイン、商品企画、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、広告など幅広く活躍。

homepageリンク
プロダクトデザイナー

大阪生まれ。1969年よりイタリアと日本でデザインの制作活動を始める。イタリアやドイツ、日本のメーカーから、家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るまで幅広いデザインで、多くのヒット製品を生む。ニューヨーク近代美術館、パリのポンピドーセンターなど世界の美術館に永久保存。日本各地の伝統工芸・地場産業の活性化、およびクリエイティブディレクターとして多方面で活躍。大阪芸術大学教授。11年イタリアコンバッソ・ドーロ賞受賞。

homepageリンク
ピアニスト

東京生まれ。情熱のピアニスト。スペイン マドリード王立音楽院、ジュリアード音楽院、英国王立音楽院で学ぶ。スペイン音楽のスペシャリスト。フェデリコ・モンポウの作品を初めて日本に紹介する。国内外で活躍し、チェコ・フィル、ベネズエラ・シンフォニー、ウィーン・フィルのメンバーなどとも共演。CDは30枚以上リリースしている。テレビ、ラジオへの出演、執筆活動も行う。国際ピアノコンクールの審査員も務める。大阪芸術大学大学院教授。

homepageリンク
作家

東京都生まれ。『一流のサービスを受ける人になる方法』(日経新聞出版社)が新発売!コピーライターとしてキャリアを積んだ後、2003年に作家デビュー。著作は電子書籍を含め、50冊を超える。恋愛・結婚についてのエッセーやビジネス書など、幅広いジャンルの執筆活動をしている。旅行作家として世界50カ国以上を駆け巡り、各国、各界に多彩な人脈を持つ。「角川いつか」として上梓した著書は多数ある。ベストセラーとなった『成功する男はみな、非情である。』『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』は、アジア各国で翻訳された。日本アカデミー賞協会会員

homepageリンク
時代小説家/江戸料理・文化研究家

大阪生まれ。大阪芸術大学デザイン学科卒業。セイコーエプソンのグラフィックデザイナーを経て、故・新藤兼人監督に師事し、シナリオを学ぶ。浮世絵展の監修、江戸文化に関する講演、『所さんのニッポンの出番!』『ノンストップ!』『大江戸ゼミナール』などTV出演多数。著書にベストセラーとなった新書『春画入門』(文藝春秋)と小説『蔦重の教え』(飛鳥新社)、第二回書店金賞候補作『江戸おかず12か月のレシピ』(講談社)、『江戸の食卓に学ぶ』(ワニブックスPlus新書)など。近著に『超釈 北斎春画かたり』(小学館)がある。日本ペンクラブ会員、国際浮世絵学会会員。

homepageリンク
放送作家・脚本家

1964年熊本県出身。「カノッサの屈辱」「料理の鉄人」など斬新なテレビ番組を数多く企画。08年、初脚本の映画「おくりびと」で第81回米アカデミー賞外国語部門賞を獲得した。作詞に「ふるさと」(第80回NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲)など。著書に、絵本『まってる。』(千倉書房)、『考えないヒント』(幻冬舎新書)、『じぶんリセット つまらない大人にならないために』(河出書房新社)など。作家以外にも、下鴨茶寮主人、東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科長など活動は多岐に渡る。くまモンの生みの親でもある。

homepageリンク
グラフィックデザイナー

1960年山口県生まれ。大阪デザイナー学院卒業。松永真デザイン事務所を経て、95年新村デザイン事務所設立。主な仕事に資生堂、無印良品キャンプ場、日本マクドナルド、エスエス製薬、新村水産、東京オリンピック招致など。主な受賞に、JAGDA新人賞、毎日広告デザイン賞最高賞。環境広告賞大賞、ニューヨークADC銀賞、ブルノ国際デザインビエンナーレ金賞、東京ADC賞など多数受賞。JAGDA会員、ニューヨークADC会員。

homepageリンク
押し花作家

1966年福岡県大牟田市生まれ。横浜市在住。米国最大の押し花コンテストで日本人初のグランプリを受賞する。英国での個展開催、三越、高島屋などの個展で数万人を動員する。会員約3万人のふしぎな花倶楽部の会長。内田康夫氏の本の表紙、ゆずのCDジャケット、C・W・ニコル氏との絵本の共著など多彩に活動している。現在、NHK「趣味の園芸」オープニングで作品放映中。世界的な押し花アーティストとして注目され、国内外で活躍中。世界押花芸術協会会長など。

homepageリンク

登山家

1939年福島県生まれ。昭和女子大学英米文学科卒業。69年「女子だけで海外遠征を」を合言葉に女子登攀クラブを設立。75年エベレスト日本女子登山隊 副隊長兼登攀隊長として、 世界最高峰エベレスト8848m(ネパール名:サガルマータ、 中国名:チョモランマ)に女性として世界初の登頂に成功。92年女性で世界初の7大陸最高峰登頂者となる。現在も、年5~6回海外登山に出かけ、現在70か国の最高峰・最高地点を登頂。山岳環境保護団体・NPO法人日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト所属。自然に親しみたい20~40代女性のための山の会MJリンク呼びかけ人。

homepageリンク
アートディレクター

1954年愛知県生まれ。田中一光デザイン室を経て、88年葊村デザイン事務所設立。東京工芸大学教授、一般社団法人ジャパンクリエイティブ代表理事。グラフィックデザインの他、商業施設や美術館などのサインデザイン、CI、VI計画を多く手がける。主な仕事に日本科学未来館、横須賀美術館、9hナインアワーズ、すみだ水族館、あべのハルカス、そごう・西武、ロフトなど。毎日デザイン賞、KU/KAN賞、SDA大賞、グッドデザイン金賞他多数受賞。著作『デザインからデザインまで』他。

homepageリンク
デザイナー・プロデューサー

神奈川県生まれ。1974年から92年まで、パリ、ニューヨーク、東京コレクションに参加。その後、ファッションデザイナーの枠を超え、プロデューサーとして、スーパーショー・国際交流イベントを国内外で開催し、延べ360万人を動員。2004年に日本元気プロジェクトを立ち上げ、2015年には『日本元気プロジェクト2015スーパーエネルギー!!』を開催。また、「京成スカイライナー」の内装・外装のデザイン(2010年度グッドデザイン賞、2011年度ブルーリボン賞受賞)をするなど、幅広いジャンルで活躍中。

homepageリンク
書家

東京生まれ。4才から筆を持ち始める。1993年、99年銀座で個展。00年中国南京金陵飯店、無錫城中公園で個展。07年毎日書道展でグランプリ受賞。09年、東京銀座画廊・美術館にて“ことば・感動を書に浅田聖子大作展”開催。現代文や俳句、自作詩など読みやすく、親しめる書を目指す。“生活の中に書を”をモットーに、小品から大作まで幅広い制作活動を展開。衆議院議長賞、梅華賞など多数受賞。

homepageリンク
音を奏でる電動アシスト車いす

ヤマハとヤマハ発動機が共同でデザインに取り組むプロジェクト「&Y(アンディ)」で制作されたコンセプトモデル。NPO法人「SLOW LABEL」によるパフォーマンス「SLOW MOVEMENT -The Eternal Symphony-」で使用された。デザインイメージは波間を思いのままに駆け抜ける白いヨット。軽く滑らかに移動する電動アシスト車いす「JWスウィング」や、ヨットの帆をイメージした「TLFスピーカー」、車体両側の薄型パーカッションが一つになり、楽器に乗るという新体験を生み出している。

homepageリンク
インテリアデザイナー

武蔵野美術大学卒業。飯島直樹デザイン室代表。工学院大学建築学部建築デザイン学科教授。主に商環境プロジェクトを手がけ、文明堂東京本店、PMOオフィスビルプロジェクト、グランフロント大阪レストラン街、工学院大学学生ホール「B-ICHI」の改修デザインなど。JCDデザイン賞優秀賞など多数受賞。著書に『飯島直樹のデザイン「カズイスチカ」臨床記録1985-2010』(平凡社)

homepageリンク
デザイナー

1971年福島生まれ。東京造形大学卒業。業界大手のバンク・オフィス設計会社を経て、00年にジェットデザインを設立。“ユニット化された空間デザイン”をコンセプトに、ショールーム、オフィス、エキジビションなどの空間デザインと家具、家電を中心としたプロダクトデザインを多数手がける。「本のための家具展」、「江戸意匠展」など展覧会に作品を出品。現在は、福島とのつながりをより密接にし、地域とデザインの関わり方をテーマに積極的に活動をしている。

homepageリンク
書家

東京生まれ。慶應義塾大学理工学部卒業。日本書道専門学校本科・研究科卒業。1979年より外国人に書教授。88年パリGalerie HEROUET個展、パリ第三大学講演。90年パリGalerie HEROUET個展、在仏日本大使館文化センターで書の講演。パリ、ノルマンディー、ミュンヘン、銀座などにて個展。広告ヴィジュアル、タイトルロゴ制作。著書「書の交差点」。千斯会主宰。篆・隷・楷・行・草・かな六体による書作・創作と普遍性のある書法の普及に務める。

homepageリンク
画家

1954年広島生まれ。多摩美術大学卒業。79~80年欧州取材旅行、この頃から板に絵を描きはじめる。80年銀座シーバード画廊個展。 86年スリランカ取材旅行。88年中国取材旅行。83年以降隔年ごとに、みゆき画廊での個展を続け、その他個展やグループ展多数。06年ニューヨークのセーラムギャラリー個展。08年銀座みゆき画廊個展。09年宮島ギャラリー展。10年銀座光画廊個展。12年広島三越画廊二人展、銀座光画廊二人展を開催するなど、今後もますます活躍が期待される。

homepageリンク
五感空間ディレクター

1968年山梨県生まれ。小売業での販売経験を生かしたビジュアルマーチャンダイジング担当として、数々の売場づくりの指導や「JAPAN SHOP VMDセミナー」特別講師などを行う。ディスプレイデザイン、空間デザイン、クリスマスイルミネーションなど幅広いデザイン、ディレクションで活躍。VMD事業+五感に訴える「光・音・香」をデザインする五感プロジェクトなど、お客様が集まる場所に楽しさや感動、そして共感という「心が動く空間づくり」をトータルにプロデュースしている。

homepageリンク
ライトモードアーティスト

大阪生まれ。愛知県立芸術大学卒業。日本ジュエリーデザイナー協会正会員、玉川大学非常勤講師。“身にまとう光のアート”を制作、発表し、ウェアラブルテクノロジーアーティストとして海外で知られている。その作品は社会的慣習やコミュニケーション、個人の様々な存在の表情をひかりの表現とともに身に付けられる作品としてきた。近年ではその作品がよりファッショナブルな表現となり、国内外でさらに高い評価を得ている。日本、中国、欧米などで作品展示を数多く行い、2016年はニューヨークでのガラスアートファッションショーへ出展が決定している。

homepageリンク